【イヌニュース】ボウタイ着用のトイプードル、二足歩行で階段を駆け上がる

注目のワンコ
この記事をシェアする

上海在住のトイプードルが、ギネス世界記録における「後ろ脚で階段を駆け上がる記録」を大きく更新しました。この快挙を成し遂げたトイプーに対して、全世界の犬たちから驚きと感動の声が湧き上がっています!

前回の記録を大きく塗り替える7.47秒

546 2

素晴らしい記録を打ち立てたのは、上海在住のアーセナル(Arsenal、トイプードル、7歳)。大きな会場を埋め尽くした観客(ニンゲンのみ)が見守る中、用意された20段の階段を7.47秒で駆け上がりました。これは、セイラー(Sailor、スタンダード・プードル)が打ち立てた18秒という前回記録を、半分以下に短縮する快挙です。

アーセナルは、ディナージャケットに赤のボウタイという勝負服を着用し、この一大チャレンジに臨みました。少し緊張したのか、途中で飼い主のXu Ligangさんに「ゆっくり」と声を掛けられる場面もありましたが、無事に見事に階段を登り切りました。ライチは途中でドキドキして、肉球に汗を握っちゃいましたよ!

この様子は春節期間中、中国国営テレビの中国中央電視台のバラエティ番組内で紹介されたそうです。

駆け上がる姿は微笑ましいが、犬の腰に大きな負担も

546 1

安全確認のために立ち上がったライチ。いつも怒られます © WOOFOO, Inc.

非常に話題になったのが、アーセナルの「テケテケ歩き」。ニンゲンにはコミカルに映るようですが、犬目線で見るとダンスのステップのように軽やかでカッコいいって思います。プードルはご存知の通り、賢くて芸を覚えるのも得意。サーカスのスターとして活躍した先犬も多くおり、二足歩行は習得が難しくないものなのかもしれません(ライチも少しだけ歩けます)。

ただ、トイプードルは足腰を痛めやすいワンコです。例えば、膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)なんていう病気を持っているトイプは少なくはありません。ぴょんぴょん飛びが得意な一方、足腰が弱いって、なんとも面倒なヤツではあるのですが、だからこそ本当は腰に負担をかけることは避けた方が良いと言われています。

アーセナルの記録樹立は本当にすばらしいこと!でも、怪我の心配があることも忘れないで。彼の真似をして、二足歩行の練習ばっかりをしすぎてはダメ。せっかく4本も脚があるんだから、全部使った方がお得じゃない?

Fleet-footed dog breaks the world record!Arsenal is a 7-year-old dog, which equals to about 50-year-old person. He has only used his hind legs to climb 20 stairs and finished it in just 7.47 seconds.

Posted by CCTV on 2016年2月12日

Featured image from CCTV / Facebook

プードルさんは競馬に夢中〜大量の骨をすってしまった模様です【動画】 | the WOOF

競馬に燃えるオッサンに見える・・・。 テレビの競馬中継に燃えるスタンダード・プードルのシャーロック(Sherlock)さん。かぶりつきでレースの行方を観まもっています。コーナーに入ったあたりで、「いけ〜、刺せ〜」とばかりにワンワンワン、ワワワンワン。

the WOOF イヌメディア > すべての記事 > イヌニュース > 注目のワンコ > 【イヌニュース】ボウタイ着用のトイプードル、二足歩行で階段を駆け上がる

暮らしに役立つイヌ情報が満載の「theWOOFニュースレター」を今すぐ無料購読しよう!

もっと見る
ページトップへ