【イヌニュース】世界一長い舌の犬〜18.58 cmでギネス世界記録認定

びっくり
この記事をシェアする

the WOOF専属ライター犬、ライチがお届けする世界の犬ニュース。今日は、ギネス世界記録に認定された犬のお話。アメリカ在住のセントバーナードが、18.58cmの舌で世界をあっと驚かせました。


世界記録の保持犬は、アメリカのサウスダコタ州にすむ8歳のモチ・”モー”・リッケルトさん(Mochi “Mo” Rickert)。彼女は長い長い18.58cmの舌を見せびらかし、街ゆく人を驚かせています。

Moは前記録保持犬のペキニーズのパギー(Puggy)を打ち破り、2016年4月に世界一と認定されました。パギーの舌の長さは11.43cmで、モチは7cm以上も長い舌で記録をベローンと引き伸ばしたのです。

1726 1 thewoof

Mochiは2歳のときにリッケルト家に引き取られた元保護犬です。飼い主のカーラさんは、大型犬専門の保護施設(Big Dogs Huge Paws rescue organisation)で暮らすモチを見て、一目で恋に落ちたのだそう。「打たれ強い、楽天的な犬」であるモチは、コスプレで写真を撮ったり、家族と遊んだり、大好きなサツマイモを食べたりして毎日楽しく過ごしています。

1726 2 thewoof

トレードマークの長い舌は残念ながら、モチの生活の障害になることが少なくありません。ナーバスになると呼吸困難になったり、よだれが過剰になったりしますし、ダラリと垂れる舌には常に泥やゴミ、そして草などが付着するので、これを取り除くために常に家族の助けが必要です。また、オヤツも工夫して食べさせなければなりません。

カーラさんによれば、モチのために部屋は常に清潔にしておかなければならないし、大きなフードボウルと背の高いタイプの水のボウルと雫を受けるような工夫は絶対に必要なのだそう。それでもモチは自慢の娘。苦労なんて何てことはないのだそう。

1726 3 thewoof

「ギネス世界記録に認定されたことは、本当に嬉しいです。他の人の笑顔を作る機会をいただけて、とても感謝しています」

一方のモチは、セレブリティとなった現在も”謙虚”なまま。「モチはすごく謙虚。自慢したり、鼻にかけるようなことはありません。もちろん、新しい記録については、私たちと同じくらい誇りに思っているようです」

h/t to LONGEST TONGUE ON A DOG REVEALED IN NEW GUINNESS WORLD RECORDS: AMAZING ANIMALS | Guinness World Records

Featured image credit Guinness World Records / Flickr

見てスッキリ!〜世界最速で100個の風船を割る犬、ギネス世界記録を更新 | the WOOF イヌメディア

カナダ在住のウィペット、トビー(Toby、本名Loughren Christmas Star、9歳)が、100個の風船を犬が割る最速時間(Fastest time to pop 100 balloons by a dog)の記録を更新…

the WOOF イヌメディア > すべての記事 > イヌニュース > びっくり > 【イヌニュース】世界一長い舌の犬〜18.58 cmでギネス世界記録認定

暮らしに役立つイヌ情報が満載の「theWOOFニュースレター」を今すぐ無料購読しよう!

もっと見る
ページトップへ