サイエンス・リサーチ

あなたの犬が攻撃的なのはホルモンのせいかもしれない

お散歩中に出会う犬にも様々な気質のコがいます。リードを引っ張りワンワン吠える犬、飼い主に穏やかに寄り添う犬もいますよね。この気質の...

飼い主を襲う「介護うつ」〜ペットの病気が大きなストレスに

ペットは老人、病気、障害者に強力な治療法を提供することができます。しかし一方で、精神的な苦しみをもたらすこともあるようです。専門誌...

犬の唾液が示すこと〜高ストレスはカラダの”調整不全”を起こす

犬のストレス評価においては、唾液中のコルチゾール分泌量を測定する方法が多く利用されます。コルチゾールは、副腎皮質から放出されるステ...

オスメスどちらが賢いの?〜犬に「男脳」「女脳」はあるのか?

「男と女、どちらが賢いか?」という疑問を犬の世界に投げ込むと、どういう答えが出て来るのでしょう?2011年に発表された研究[1]は...

犬を飼うことと子供が健康であることに直接の関連はない(研究)

「犬を飼うことは子供の健康に良い」は、単なる犬好きの思い込みではなく、複数の研究成果がサポートする言説。これまでに「犬を飼っている...

犬の寿命〜日本に暮らす犬たちは何歳まで生きるのか?

イヌの寿命はヒトよりも遥かに短いもの。愛犬家としては認めたくないところですが、この事実を認め、できるだけ健康寿命を延ばせるよう努力...

”過保護のワンコ”は成功しない!?〜厳しい母犬が良い盲導犬を育てる(研究)

常に寄り添い、問題が起こると手を差し伸べるような親子関係は、子犬の成長の阻害要因にもなるようです。最新の研究によれば、過保護な母犬...

気候変動の原因はイヌ!?〜犬猫フードが環境に与える影響は大きい(研究)

ペットを飼うことは私たちの健康に良い影響を及ぼすようですが、彼らのフードは環境に悪影響を及ぼしているようです。Plus Oneに掲...

犬を飼うことは高齢者の健康に良い〜天候が悪い日でも高い活動レベルを維持(研究)

犬を飼っている高齢者は、飼っていない高齢者と比較して身体活動レベルが高いことが研究により示されました。とりわけ天候が悪い時に、その...

大型犬はなぜ小型犬より短命なのか?〜カラダの大きさと寿命の関係

ゾウの寿命は約70年。マウスの寿命はわずか2年。動物たちの寿命の長さを比べてみると、小型動物の方が大きな動物より短命だということが...

なぜ犬はフレンドリーなのか?〜イヌの遺伝子には親しみやすさの理由が隠されている

犬種の差こそありますが、大概のイヌは人間に親しさをもって接してくれます。身体をすり寄せたり、顔を舐めたりのフレンドリーさを見ると、...

子犬期の行動テストから成犬になってからの行動を予測することはできるのか?

子犬のうちに成犬になってからの行動を予測できたら…と思う人は少なくないでしょう。一般家庭はもちろんのこと、警察犬やほじょ犬などの育...

ペットの存在は私たちの健康にどう影響するのか〜脳や心に与える影響を探る

ペットを飼うことは、私たちの健康に良い影響をもたらすと言われています。飼い主としては「そうだよね。そうに違いない」と深く頷く言説で...

子犬の写真は夫婦関係を良好にする〜相手への好意や関係満足度を高める(研究)

相手を見るとイラついて仕方ないとか、長年連れ添ったせいか新鮮味がないとか、単身赴任不安だとか、愛ある関係を長く続けるのは大変なこと...

犬は65歳以上の健康を守る〜飼い主は1日平均22分多く歩く(英研究)

犬を飼うことは、高齢者の健康維持に大きく貢献するようです。最近発表された研究により、犬の所有者は非所有者に比べ一日平均22分多く歩...

私たちは幼児と一緒にいる犬のSOSサインを読み間違える(研究)

2017年3月、東京八王子で生後10ヶ月の幼児が、祖父母の飼い犬のゴールデン・レトリバーに噛まれて死亡する事故が発生しました。祖父...

なぜあの飼い主は犬の散歩をしないのか?(研究)

犬とのお散歩は、飼い主としての楽しみの一つ。季節の移り変わりを楽しみ、愛犬の笑顔を見て幸せ気分に浸るという飼い主は少なくありません...

平たい顔には訳がある〜犬の顔の長さに影響する遺伝子が特定された(研究)

長い鼻、潰れた鼻、小さい頭、大きなお顔。犬の頭蓋骨は驚くほどバラエティに富んでいます。これは選択的繁殖によるものとされていますが、...

その唸り声は遊びか威嚇か〜人間は唸り声に含まれる感情を理解している(研究)

犬は様々な局面で唸り声をあげます。相手を威嚇するとき、脅威を感じたとき、そして楽しくて興奮したときにも唸り声を上げることがあります...

抗がん剤治療と犬の被毛〜クルクル毛の犬は脱毛しやすい(研究)

抗がん剤治療の副作用に、脱毛があります。治療が終わると回復するものではありますが、外見が変わることによる精神的苦痛は大きく、患者に...

ページトップへ