食・フード

キシリトール入りブラウニーを食べた犬、8日後に死亡

砂糖の代用品として、広く使用されるキシリトール。虫歯の発生を防ぐ添加物でもあり、多くの人間用デンタルケア製品に含まれています。キシ...

魚介類〜犬もサケ・マグロ・イワシを食べてもいいの?

魚は、低カロリーで良質なタンパクを供給する優れた食材です。ただし、与えすぎは肥満と体調不良の元になるので注意です。また、アレルギー...

魚と魚介類〜オメガ3脂肪酸が豊富に含まれる健康応援食品

魚は、タンパク質およびミネラルが豊富な犬の健康応援食品。代替のタンパク質源として、市販のドッグフードにも含まれています。オメガ3脂...

穀物〜米、ムギ、トウモロコシは犬が食べても安全か?

穀物は私たちの生活に欠かせないもの。毎日の食卓にのぼるものですから、ついついワンコにおすそ分けしたくなっちゃいますよね。でも、「犬...

豚肉〜疲労回復に役立つパワーフード、ただしアレルギーに注意

美味しくて価格もお手頃な豚肉は、疲労回復成分といわれるビタミンB1を豊富に含むパワーフードです。概ね安全に与えられますが、アレルギ...

犬と乳製品〜牛乳、チーズ、バター、ヤギミルク

乳製品は、私たちにとってとても身近なものですが、犬が食べても大丈夫なのでしょうか。 この記事には、こんな乳製品について書いてあるよ...

鶏肉〜良質なタンパク質供給源、ただしアレルギーには注意

鶏肉は良質なタンパク質の供給源。肉の中では低脂肪であり、カロリーについてあまり気にすることなくエネルギーを供給する便利食材です。た...

牛肉〜良質なタンパク質を含む愛犬の元気の源

体内での利用効率に優れた良質なタンパク質を含む牛肉は、犬の元気の源です。赤身の部分に鉄分などのミネラルが豊富です。ただしアレルギー...

ブロッコリー〜少量をときどき与える分には安全な野菜

ブロッコリーは低カロリーで栄養たっぷりの犬の健康応援食品。少量をときどき与える分には安全です。ブロッコリーを与える際のリスクブロッ...

食事の一部として、犬に骨を与えても大丈夫か?

犬といえば肉球マークと骨マークのイメージがありますよね。犬が骨にかぶりつく野生的な姿を微笑ましく思う人も、多くいらっしゃるのではな...

生のハーブ〜大量に食べると悪影響あり

ドレッシングやソースに香りをつけたり、盛り付けのワンポイントとして加えるなど、人間の食事には様々な目的でハーブが使用されています。...

ナッツ類〜わざわざ与える必要はない、避けるべき食べ物

ビタミンやカルシウム、繊維も豊富なナッツ類。含まれる脂質も体にいいものが多く、美容感度の高い女性(人間)に人気の食べ物です。しかし...

トウモロコシ〜アレルギーのない犬には美味しいオヤツ

バーベキューに彩りを与える、甘くて美味しいトウモロコシ。消化しにくいので、柔らかく茹でて小さく刻んで与えましょう。甘みがあるため犬...

シナモン・ナツメグ〜健康に悪影響を及ぼすことも

独特の甘みと香り、そしてかすかな辛味のあるシナモン。そして刺激的な強い香りが魅力のナツメグ。そのどちらも、料理やお菓子に使用され、...

ゴクリは危険!犬が避けるべき飲み物(あるいは液体)

犬には新鮮な水こそがすばらしいご馳走です。しかし、なんらかの理由で水を飲まないときなど、何か別のものを出してあげたくなりますよね。...

スモモ、プラム、プルーン〜胃腸不快の原因に

スモモは、犬が避けた方が良い果物です。果肉は糖分と繊維が多く胃腸不快の原因に、種は中毒症状や窒息、腸閉塞の原因になる可能性がありま...

レタス〜暑い時期の水分補給にぴったり、ただし健康効果は限定的

水分を多く含む低カロリー食材、レタス。栄養価は高くないため、フードと一緒に与えるようにしましょう。暑い時期の水分補給にぴったりです...

セロリ〜カロリーが低く栄養価が高い健康オヤツ

カロリーが低く栄養価が高いセロリは、犬にとっても魅力的な健康オヤツ。スティック状にして手で持って与えれば、噛みごたえのあるコミュニ...

メロン〜甘くてジューシーな犬のご褒美オヤツ

甘くてジューシーなメロンは、犬に与えても問題はない果物です。皮をのぞき、小さくカットして、少なめ量をオヤツとして与えましょう。 こ...

サクランボ〜実は食べさせてもOK、葉や種や花はNG

犬もサクランボの実を食べることはできますが、葉や種や花を与えてはなりません。甘みがあるため犬にとっては嬉しいオヤツになりますが、そ...

ページトップへ