サイエンス・リサーチ

その唸り声は遊びか威嚇か〜人間は唸り声に含まれる感情を理解している(研究)

犬は様々な局面で唸り声をあげます。相手を威嚇するとき、脅威を感じたとき、そして楽しくて興奮したときにも唸り声を上げることがあります...

抗がん剤治療と犬の被毛〜クルクル毛の犬は脱毛しやすい(研究)

抗がん剤治療の副作用に、脱毛があります。治療が終わると回復するものではありますが、外見が変わることによる精神的苦痛は大きく、患者に...

犬と細菌の切っても切れない関係〜犬がいる家庭のバクテリア多様性は高い(研究)

お散歩から戻った犬は、泥や草だけでなく細菌の大群を引き連れているって、知ってました?連れてきた細菌たちは犬から離れ、家のあちこちに...

進化の系譜が解き明かす犬の謎〜同じ病気になりやすいのにはワケがある(研究)

研究者らは犬を対象とした大規模な遺伝子調査を行い、これらを整理して品種の進化をあらわす系統樹を作りあげました。Cell Press...

【犬語翻訳家】進化の視点から見る”ごめんね”行動〜尻尾を隠すのは仲直りの握手のようなもの?

叱られた時に見せる犬たちの仕草は、「ごめんね」と言っているようにも見えるもの。頭を低くして上目遣いになる犬を見ると、「仕方ないなぁ...

それでも犬は分け合う〜親しい犬に美味しいものをあげられるよう頑張る(研究)

犬は仲間の犬が得するような行動をするというのは、愛犬家なら頷ける話ではないでしょうか。2016年12月に発表された論文[1]によれ...

人生早期にペットと暮らすことは過体重とアレルギーリスクを減少させる(研究)

家の中で走り回るフワフワの四つ脚家族は、赤ちゃんをアレルギーや肥満から守ってくれるのかもしれません。ペットがいる家庭の赤ちゃんは、...

犬と模倣の話〜犬は人間の真似ができる

犬が人間の真似をする…というのは、愛犬家の皆さんには驚きでもなんでもないかもしれません。赤ちゃんと真似っコ遊びをする動画や、飼い主...

ワンコの’性格’はどのように決まるのか?~犬の行動特性に与える遺伝的要因(2)

さて前回は、犬の’性格’形成には環境要因と遺伝的要因の両方が影響するようであること、そして性格形成に関与する遺伝子にはどんなものが...

ワンコの’性格’はどのように決まるのか?~犬の行動特性に与える遺伝的要因(1)

誰にでもフレンドリーなワンコ、ちょっと怖がりなワンコ、知らない人には牙をむいてしまうワンコ、私たち同様ワンコの性格もさまざまですよ...

犬はイヌ友の’真似っコ’をする〜模倣を通じて社会的な絆を強める(研究)

相手の楽しそうな笑顔を見て笑顔になる、というのは、皆さん日常生活の中で経験していることだと思います。他の人の感情を知覚して自分も同...

犬はオヤツを獲得するために人を欺く(研究)

「やっぱそうなの!?」という声が聞こえてきそう。犬は私たちが思うほど正直でも従順でもなく、人を欺く一面を持つとする内容の研究が発表...

猫が嫌いな犬は音に注意を向ける〜犬は猫のどこを気にしているのか?(研究)

「猫嫌いの犬」といっても、猫が苦手で避け続ける程度の犬もいれば、追いかけて殺傷してしまう犬もいます。犬種によっては、逃げる小動物(...

犬は外見のみで、他の犬がイヌであると特定できる(研究)

前方から接近する他の犬をジ〜ッと見つめている愛犬。その様子をみて、「コイツは、相手がイヌだということをわかっているのだろうか?」と...

犬は飼い主の特性を反映する〜あなたがリラックスすれば犬も穏やかに(研究)

犬に問題行動が多いのは、あなたの神経症的な気質が伝播しているのかもしれません。犬は飼い主のパーソナリティ特性を反映しているとする論...

犬のトレーニングは集中とタイミングが命〜オヤツは注意を散漫にする(研究)

犬の問題行動を改善するには、飼い主やトレーニングをする人間を訓練することが大切だとよく言われます。犬たちは、ほんの些細な刺激にも敏...

子供は兄弟よりペットが好き?〜ペットとの関係に満足し、葛藤が少ない(研究)

子供達は、兄弟姉妹との関係と比較すると、ペットとの関係により満足し、葛藤が少ないとする研究が発表されました。人間の健康増進や絆を深...

【犬と音楽】ワンコはレゲエがお好き!?〜ストレスレベルを引き下げる効果(研究)

犬もボブ・マーリーを聞くと、ほっこりするらしい。そんな楽しい研究成果が、スコットランド動物虐待防止協会(SSPCA)とグラスゴー大...

バブーでいこう!〜子犬は”赤ちゃん言葉”に強く反応する

犬に話しかけるとき、「かわゆーでちゅねぇ」「もうネムネムでしゅ?」などと、甲高い声を出してしまうというのは犬親あるある。側から見る...

缶フードの摂取で犬の血中BPA値が3倍に上昇(米研究)

米研究者が、缶フードは犬の体内のBPA値を上昇させ、健康を損なう恐れがあると発表しました[1]。研究を行ったのは、ミズーリ大学コロ...

1234
ページトップへ