イヌを育てる

イヌのお世話や健康管理に関する情報を掲載しています

チョコレート〜たくさん食べると中毒に!犬には与えないのが基本

チョコレートは犬に有毒で、犬のサイズ、そして口にしたチョコレートの種類や量によっては、深刻な健康被害をもたらす可能性があります。こ...

犬も痔になるのか?

肛門をザラザラ面に擦りつける愛犬を見て、「犬も痔になるのだろうか?」と疑問に思ったことはありませんか?胃腸の解剖学的構造が人間と犬...

豆〜生で与えるのは絶対NG!食べていい豆、悪い豆のお話

豆は美味しいだけでなく、多くの動物にとっての重要な栄養の源です。しかし、私たちが口にする豆の全てが犬にとっても安全なわけではありま...

犬のインフルエンザ2018〜米国で大流行、日本では発症報告なし

今年も人間界ではインフルエンザが大流行。国立感染症研究所によれば、1月21日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は、1医...

エチレングリコール中毒(不凍液中毒)〜どんな症状になるの?

エチレングリコールを含む不凍液等は、犬猫にとって非常に危険です。犬では重度の急性腎不全を引き起こし、猫では死に至る場合もあります。...

犬には犬用ケア製品を〜紫に染められ命を落としかけたマルチーズの話

犬の被毛はそのままが最も美しいのですが、中には別のカラーを楽しみたいという方もいらっしゃるかもしれません。その場合はぜひとも、犬に...

犬の流涙症〜ポロポロと流れる過剰な涙の原因はなに?

犬は、強い感情から涙を流すことはありません。犬の目が涙で潤っているのは正常な状態ですが、ホロホロと涙が流れ出るようであれば、病気の...

犬の目やに〜いつもと違う愛犬のお目々、何が起きているの?

目やには多くの犬にみられる問題です。正常でも目やにがでる場合もあれば、重大な健康上の問題に関連している場合もあります。いつ、どうい...

犬のフケ〜頭垢が発生する原因と、家でできる4つのケア

人間のように、犬にもフケが生じることがあります。犬が美醜の観点からフケに悩むことはありませんが、乾燥肌やアレルギーなどの原因で生じ...

犬に乳製品を与えてもいいの?〜乳糖不耐症やアレルギーのお話

乳製品は犬の食物不耐の主な原因です。多くの犬は牛乳やヤギの乳を飲むことができますが、乳糖不耐の症状をみせる犬も一定数います。毒にな...

犬のSAD〜犬も”季節性うつ病”に苦しむことはあるのか?

季節の移り変わりが人間の気分に影響を及ぼすことは、よく知られています。季節性感情障害と呼ばれる症状は、秋から冬にかけ、決まって気分...

犬にアルコールは絶対NG〜人が集まる場所では目を光らせて

犬にアルコールは絶対ダメ!というのは、犬の飼い主なら既にご存知のことでしょう。しかし、人が集まるバケーション時期や、家族と過ごす年...

犬もうつ病になるのか?

なんだか元気のない愛犬。お散歩や遊びにも身が入らない様子です。身体の調子が悪いのか、それとも心が不安定?犬も”うつ病”になるのでし...

寒い時期の犬の関節炎の痛みを緩和する

多くの犬が関節の病気に苦しんでいます。関節炎の多くは、寒い時期に痛みがひどくなることが多く、冬は特別なケアが必要です。気温と痛みの...

キャットフード〜犬にとってのジャンクフード

キャットフードを犬が食べても短期的には大きな影響はありません。しかし、犬にはドッグフードを食べるべき理由があります。犬はキャットフ...

愛犬の栄養管理〜健康な皮膚と被毛をつくる栄養素の話

脂肪酸、タンパク質およびビタミン・ミネラルは、犬の皮膚や被毛の健康に重要な役割を果たす栄養素です。この記事では、どの栄養素がどのよ...

犬の鼻水〜キラリと光りタラリと滴る鼻汁の原因

犬ももちろん鼻水を出します。鼻水は鼻粘膜からの分泌物で、吸い込んだ空気に適度な湿り気を与えたり、粘膜を病原菌から保護するもので、こ...

にんにく〜NGフード。少量でも犬の健康に悪影響を及ぼす可能性あり

にんにくは、犬には有毒な食べ物です。食べた量、品種、個体の状態などにより影響は異なりますが、口にすると軽度から中程度の中毒症状がみ...

なぜ私の犬は震えているの?怯えか、寒さか、それとも病気?

抱っこすると、犬が小刻みに震えているのがわかることがあります。抱っこは慣れているはずだし、特に寒くもないのに、なぜ震えているのかよ...

シニア犬の冬のケア〜寒い時期を暖かく快適に乗り切る方法

犬も高齢になると、寒さへの適応が上手にできなくなります。気温が下がると関節や骨の痛みがひどくなり、歩いたり寝たりが難しくなるもので...

12345...10...»
ページトップへ