イヌを育てる

イヌのお世話や健康管理に関する情報を掲載しています

愛犬の栄養管理〜健康な皮膚と被毛をつくる栄養素の話

脂肪酸、タンパク質およびビタミン・ミネラルは、犬の皮膚や被毛の健康に重要な役割を果たす栄養素です。この記事では、どの栄養素がどのよ...

犬の鼻水〜キラリと光りタラリと滴る鼻汁の原因

犬ももちろん鼻水を出します。鼻水は鼻粘膜からの分泌物で、吸い込んだ空気に適度な湿り気を与えたり、粘膜を病原菌から保護するもので、こ...

にんにく〜NGフード。少量でも犬の健康に悪影響を及ぼす可能性あり

にんにくは、犬には有毒な食べ物です。食べた量、品種、個体の状態などにより影響は異なりますが、口にすると軽度から中程度の中毒症状がみ...

なぜ私の犬は震えているの?怯えか、寒さか、それとも病気?

抱っこすると、犬が小刻みに震えているのがわかることがあります。抱っこは慣れているはずだし、特に寒くもないのに、なぜ震えているのかよ...

シニア犬の冬のケア〜寒い時期を暖かく快適に乗り切る方法

犬も高齢になると、寒さへの適応が上手にできなくなります。気温が下がると関節や骨の痛みがひどくなり、歩いたり寝たりが難しくなるもので...

鼻が乾いてたら熱がある!?犬の健康話のウソ・ホント

犬の健康に関する話には、怪しいものもいつくかあります。中には害のないものもありますが、盲信すると(愛犬が)痛い目に合うような大きな...

レモン〜健康上の利点は特になし 与えなくても良い食べ物

レモンは、犬が少量を食べても問題のない食べ物です。しかし、大量に口にすると、吐き気や嘔吐、下痢などの不快な症状に苦しむこともありま...

犬の咳〜長引く咳の原因はなに?心配すべきはどんなとき?

犬も咳をすることがあります。咳は、咽頭や気管が刺激されたことで起こる身体防御運動であり、病気な犬だけでなく健康な犬でも、咳をするこ...

シニア犬の栄養ニーズ〜食事管理で気をつけるべきこと

愛する犬も年齢を重ねると、みた目や内臓機能に加齢に伴う変化が現れてきます。こうした変化は進行性で前の状態には戻りませんが、生活習慣...

ほうれん草〜健康犬をつくる栄養野菜、ただし長所と短所あり

愛犬をポパイのように強いコにしたいなら、ほうれん草はおすすめです。疲労回復や貧血予防など、毎日の健康をサポートしてくれる食べもの。...

犬の認知症〜どんな症状があるの?治療やケアはどうしたらいい?

世界で大きな社会問題となっている人の認知症。2010年、全世界の認知症患者数はおよそ3,560万人(日本では約200万人)になり、...

にんじん〜病気や老化予防の強い味方、栄養吸収のためには調理済みがオススメ

あると便利な常備野菜のにんじんは、犬にとっても病気や老化予防の強い味方になる優秀な食材。生でも煮ても炒めても栄養素が壊れず、日常的...

犬が食べてすぐに吐く6つの原因〜フードの変更?それともストレス? 

あなたの犬は、食事の後にすぐに吐くことはありますか?食事直後に吐く原因には、早食いから草食まで様々なものがあります。 この記事には...

犬はどこを見てお気に入りの人間を選ぶのか?

家族全員に愛を捧げる犬もいれば、たった一人だけと特別な結束を結ぶ犬もいます。特別扱いされる”選ばれたニンゲン”は、長い時間お世話を...

ドッグフードを切り替える〜移行期間の配分は?急な変更をどう乗り切る?

犬のフードの切り替えは、原材料が変わることによる消化不良を避けるため、食いつきが良いか悪いかに関わらず時間をかけて行うのが基本です...

我が家に適した犬選び〜検討すべき9つのポイント

家族として迎える犬を選ぶためには、容姿の可愛らしさや「好き!」という直感だけでなく、犬の気質や訓練の必要性、生活環境やライフスタイ...

シニア犬の行動変化〜歳を重ねた犬の8つの老化サイン

愛する我がコは可愛くて、いつまでも赤ちゃんのように感じられるもの。しかし、彼らだって年をとり、老化のサインが見えてきます。愛犬達も...

みかん・オレンジ〜安全だが犬に健康上のメリットは特にない果物

みかんもオレンジも、皮を向いて適量を食べる限りにおいては、犬にも安全な食べ物です。ただし、犬は通常ビタミンC補給を必要としないので...

ヒトが犬にうつす可能性のある6つの病気

人獣共通感染症とは、「同一の病原体により、ヒトとヒト以外の脊椎動物の双方が罹患する感染症」のこと。動物からヒトへの感染(動物由来感...

卵〜犬のカラダを作る完全栄養食。ただし与え方には注意が必要

卵は、体を作るのに必要な栄養素のほとんどが含まれる食べ物。調理済みの卵は、犬にとっての優れたオヤツであり、健康補助食品でもあります...

12345...10...»
ページトップへ