イヌを育てる

イヌのお世話や健康管理に関する情報を掲載しています

きゅうり〜水分補給の強い味方、肥満犬のおやつにぴったり

95%が水分の、まさに食べる水と呼べる夏野菜 きゅうり。犬が食べても安全です。水分補給に、またカロリーが気になる犬のダイエットおや...

犬の発達ステージ〜子犬はどのように成長し成熟期を迎えるのか

犬の成長は早いもの。階段も怖くて降りられなかったコが、次の日には3段飛ばしでジャンプ!なんてことも珍しくはありません。子犬はどのよ...

愛犬ががんになったら〜お家でのケア、そして安楽死の話

前回に引き続き、犬の腫瘍についてのお話です。今回は悪性腫瘍、すなわち「がん」に着目し、「もし愛犬ががんになったら」というテーマでお...

なぜあなたのシャンプーを愛犬に使用してはダメなのか?

犬の飼い主さんなら、人間用シャンプーを犬に使用してはならないことはご存知だと思います。「肌のpHが異なるから」という理由もきっとご...

アスパラガス〜犬にも安全、茹でて刻んで与えよう 

アスパラガスは、犬にとっても安全な食べ物で、健康上の利点をもたらす栄養素を含んでいます。しかし生のアスパラガス、とりわけ茎の硬い部...

犬の睡眠障害〜愛犬もゆっくり眠れないことに悩んでいるかも

「夢遊病の犬、ジャンプに失敗」などのタイトルがついた動画を見たことはありませんか?眠っている犬が突然走り始め、ジャンプして壁にぶつ...

トマト〜緑の部分には毒性あり。完熟したものを与えよう

熟したものを適切に与えるぶんには、トマトは安全な食べ物です。しかし、緑の部分には毒性があるので、与えないようにしましょう。この記事...

犬と腫瘍〜腫瘍とがんは違うの?発生率が高いのは?

私たち人間同様、シニア世代へと突入したワンコは、いろいろな病気に罹るリスクが高くなります。その中でも、発生率がすこぶる高い腫瘍。今...

じゃがいも〜生食NG!肥満や血糖値上昇の原因になる食材

じゃがいもは、健康な犬に茹でたり焼いたりして少量を与える分には害を与えるものではありません。しかし適切に準備して与えなければ、健康...

小型犬症候群〜”小さな犬ほどよく吠える”はなぜか?

小さな犬が大きな犬に果敢に挑んでいくのは、それほど珍しい光景ではありません。ワンワンと吠えつくだけでなく、時には牙を剥き向かってい...

犬の精神障害〜愛犬の心の健康について知る

犬の健康問題といえば、カラダの問題もありますが、精神的な問題もあります。愛犬の精神面における健康に配慮し、上手にサポートすることは...

なぜ犬のお腹から音がするのか?〜ギュルギュル音はどんな意味?

愛犬のお腹がグーキュルル。お腹が空いているのかな?それとも調子が悪いのか…?私たちのお腹が音を鳴らすように、犬のお腹(胃)も賑やか...

はちみつ〜優れたエネルギー供給源 ただし子犬や免疫の弱った犬にはNG

はちみつは、ビタミン・ミネラルなどの優れた供給源であり、健康な成犬に良いものを少量与えるぶんには安全です。ただし、子犬や病気で免疫...

シニア犬と病気〜早期発見とツボマッサージによる健康増進

前回に引き続き、シニア犬の病気についてのお話です。今回は、早期発見と予防のお話。病気の早期発見のためにどんな点に気をつければ良いの...

シニア犬によくみられる病気

シニア世代に突入しても、見た目はまだまだ元気なワンコ。しかし残念ながら、ワンコの体の中では、ひしひしと老いは進んでいます。そして体...

ストレスは愛犬の健康にどう影響するのか

犬も私たちと同じように、ストレスから身体や心に影響を受けることがあります。ストレス要因には、騒音、家族の不在、運動不足まで様々なも...

チョコレート〜たくさん食べると中毒に!犬には与えないのが基本

チョコレートは犬に有毒で、犬のサイズ、そして口にしたチョコレートの種類や量によっては、深刻な健康被害をもたらす可能性があります。こ...

犬も痔になるのか?

肛門をザラザラ面に擦りつける愛犬を見て、「犬も痔になるのだろうか?」と疑問に思ったことはありませんか?胃腸の解剖学的構造が人間と犬...

豆〜生で与えるのは絶対NG!食べていい豆、悪い豆のお話

豆は美味しいだけでなく、多くの動物にとっての重要な栄養の源です。しかし、私たちが口にする豆の全てが犬にとっても安全なわけではありま...

犬のインフルエンザ2018〜米国で大流行、日本では発症報告なし

今年も人間界ではインフルエンザが大流行。国立感染症研究所によれば、1月21日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数は、1医...

12345...10...»
ページトップへ