食・フード

チョコレート〜たくさん食べると中毒に!犬には与えないのが基本

チョコレートは犬に有毒で、犬のサイズ、そして口にしたチョコレートの種類や量によっては、深刻な健康被害をもたらす可能性があります。こ...

豆〜生で与えるのは絶対NG!食べていい豆、悪い豆のお話

豆は美味しいだけでなく、多くの動物にとっての重要な栄養の源です。しかし、私たちが口にする豆の全てが犬にとっても安全なわけではありま...

犬に乳製品を与えてもいいの?〜乳糖不耐症やアレルギーのお話

乳製品は犬の食物不耐の主な原因です。多くの犬は牛乳やヤギの乳を飲むことができますが、乳糖不耐の症状をみせる犬も一定数います。毒にな...

犬にアルコールは絶対NG〜人が集まる場所では目を光らせて

犬にアルコールは絶対ダメ!というのは、犬の飼い主なら既にご存知のことでしょう。しかし、人が集まるバケーション時期や、家族と過ごす年...

キャットフード〜犬にとってのジャンクフード

キャットフードを犬が食べても短期的には大きな影響はありません。しかし、犬にはドッグフードを食べるべき理由があります。犬はキャットフ...

愛犬の栄養管理〜健康な皮膚と被毛をつくる栄養素の話

脂肪酸、タンパク質およびビタミン・ミネラルは、犬の皮膚や被毛の健康に重要な役割を果たす栄養素です。この記事では、どの栄養素がどのよ...

にんにく〜NGフード。少量でも犬の健康に悪影響を及ぼす可能性あり

にんにくは、犬には有毒な食べ物です。食べた量、品種、個体の状態などにより影響は異なりますが、口にすると軽度から中程度の中毒症状がみ...

レモン〜健康上の利点は特になし 与えなくても良い食べ物

レモンは、犬が少量を食べても問題のない食べ物です。しかし、大量に口にすると、吐き気や嘔吐、下痢などの不快な症状に苦しむこともありま...

シニア犬の栄養ニーズ〜食事管理で気をつけるべきこと

愛する犬も年齢を重ねると、みた目や内臓機能に加齢に伴う変化が現れてきます。こうした変化は進行性で前の状態には戻りませんが、生活習慣...

ほうれん草〜健康犬をつくる栄養野菜、ただし長所と短所あり

愛犬をポパイのように強いコにしたいなら、ほうれん草はおすすめです。疲労回復や貧血予防など、毎日の健康をサポートしてくれる食べもの。...

にんじん〜病気や老化予防の強い味方、栄養吸収のためには調理済みがオススメ

あると便利な常備野菜のにんじんは、犬にとっても病気や老化予防の強い味方になる優秀な食材。生でも煮ても炒めても栄養素が壊れず、日常的...

ドッグフードを切り替える〜移行期間の配分は?急な変更をどう乗り切る?

犬のフードの切り替えは、原材料が変わることによる消化不良を避けるため、食いつきが良いか悪いかに関わらず時間をかけて行うのが基本です...

みかん・オレンジ〜安全だが犬に健康上のメリットは特にない果物

みかんもオレンジも、皮を向いて適量を食べる限りにおいては、犬にも安全な食べ物です。ただし、犬は通常ビタミンC補給を必要としないので...

卵〜犬のカラダを作る完全栄養食。ただし与え方には注意が必要

卵は、体を作るのに必要な栄養素のほとんどが含まれる食べ物。調理済みの卵は、犬にとっての優れたオヤツであり、健康補助食品でもあります...

きのこ〜野生ものはNG、食用なら栄養豊富な犬の健康応援食材

きのこ類は、犬に与えてもOKかNGかの判断が複雑な食材です。野生きのこを与えるのは絶対にNGですが、食用として販売されているもので...

犬に野菜は必要か?〜与え過ぎが胃腸の問題を起こす理由 

野菜は、犬が生き延びるために必要な食べ物ではありません。しかし、ほとんどの野菜は犬に害を及さず、むしろ栄養の供給源になるものです。...

梨〜水分たっぷり 胃腸が敏感な犬にオススメフルーツ

梨はビタミンをはじめ、多くの栄養素を含む果物です。種を除き、与えすぎない限りにおいては、犬の健康にも有益です。 この記事にはこんな...

ブルーベリー〜犬の健康応援フルーツ。抗酸化物質を含み老化防止に力を発揮

ブルーベリーはカロリーが低く、ビタミンC、繊維、抗酸化物質を多く含み、人間だけでなく犬の健康にも良いフルーツです。旬は6〜7月。粒...

犬の手作りごはん〜チャレンジする時に避けるべき4つの過ち

市販のペットフードは便利で手軽。手頃な価格で愛犬たちにバランス取れた食事を与えられるのはメリットです。一方で市販のものだと新鮮な食...

スパイシーフード〜犬には適さない食べ物。遊びで与えるのもNG

カレーなどの香辛料が入ったスパイシーな食べ物は、ドッグフレンドリーではありません。少量を口にしたからといって、深刻なトラブルになる...

123
ページトップへ