【犬と留守番】犬の孤独を紛らわせる7つの工夫

Tips
この記事をシェアする

英国のペット保険会社Animal Friends社は、飼い主が犬に留守番させる時間の平均は年間981時間ほどであり、犬が孤独に過ごすの時間は1日に3時間ほどと回答した飼い主は1/3にのぼるとする調査結果を発表しました[1]

犬によってはひどく孤独とストレスを感じ、破壊行為や脱走に及ぶこともある「孤独なお留守番」。お留守番なんてさせたくない、一日じゅう一緒にいてあげたい。そんな思いはあるけれど、仕事や学校、家の用事など、外出の予定をゼロにすることはできません。

孤独感やストレスを緩和してあげる工夫には、どんなものがあるでしょう。小さなものから大きなものまで、お留守番時の工夫を7つにまとめました。

1. 疲れた犬は良きお留守番犬

1043 1

うんどう! image by Julian King / Flickr

なんといっても王道は、お留守番前に散歩や運動をすること。「疲れた犬は良い犬だ(A tired dog is a well-behaved dog)」なんていう言葉もありますが、疲れた犬は良きお留守番犬にもなるものです。ガンガンに攻める散歩や取ってこい遊びで楽しませた後は、「ゆったりしていてね」とお留守番をお願いしましょう。

犬の寂しさの原因は、「あなたがいないこと」です。まずは、一緒に過ごす時間を充実させる試みから始めましょう!

2. 普段から’ひとりで落ち着く練習’をする

1043 2

ずっと見守ってる… image by Håkan Dahlström / Flickr

普段は飼い主さんにひっついて離れない。部屋を出るだけで、扉をカリカリの大騒ぎ。そんなさびしんぼうのワンコさんなら、普段から「ひとりで落ち着いて過ごす練習」をしておくことも大切です。クレートを利用して、彼・彼女の目の届かないところに行く。落ち着いていることができたら褒めてあげ、時間をかけて’ひとりの時間’を伸ばしていく。ワンコの自立を促す練習で、お留守番の際のワンコの悲しさも、少し軽減できそうです。

3. 美味しいオモチャで嬉しさアップ

1043 3

結構、デカいすね… image by philhearing / Flickr

美味しくて一人遊びができるオモチャは、なかなかのお助けグッズ。ペーストやフードを入れることができるコングやカミカミができるデンタルオヤツなどに夢中になるワンコは少なくありません。新しいオモチャが好きなワンコなら、お留守番のタイミングでデビューさせるのも一考に値します。「お留守番も、悪くはないかも」と思ってくれれば良いのですが。

「オヤツ探し」も夢中になる遊び。犬が過ごす場所にオヤツを隠して、愛犬に探させます。オヤツ探しをする場合には、飼い主さんが一緒にいる時の事前の練習セッションを設けることが重要です。また、パズルおもちゃの利用もアリといえばアリですが、力のあるワンコなら壊してしまう危険もアリ。安全についての注意書きを読んでおくことを忘れずに。

4. 楽しい気晴らしで楽しさアップ

1043 4

パグは読書が好き image by Carlos Pacheco / Flickr

テレビや音楽をつけっぱなしにして外出するという飼い主さんは少なくありません。スコットランドにある動物保護団体Scottish SPCAとグラスゴー大学(University of Glasgow)が共同で行った調査によれば、クラシック音楽は犬を穏やかにする効果をもたらすのだそう。スイッチをオンするだけの簡単なことだから、一度試してみてくださいね。

5. お友達犬とのデートを設定

1043 5

「楽しかったね」「明日も遊びたいね」 image by Carlos Pacheco / Flickr

ご近所にお友達犬がいるのなら、彼・彼女とのデートを設定してあげるのも良い方法です。お相手は、日頃から犬の状態を報告したり相談する隣人(友人)であり、愛犬が慣れている人間と犬であること。自分以外の緊急連絡先はもちろん、かかりつけの病院(獣医師)の連絡先を渡しておくことを忘れずに。

はじめは短い時間から。そして、助け合いはお互いさまだということもお忘れなく。

6. 外部の’ヘルプ’を上手に活用

1043 6

はい!頑張ります! image by Maja Dumat / Flickr

愛犬の冒険心を満たし、新しいことに挑戦させたいなら、是非「犬の学校」や「ペットシッター」「ペットホテル」などの外部委託を検討して。孤独を感じることはないし、運動や遊びもできるなど、良いことはたくさんです。新しく委託先を探す場合は、事前のインタビューや内部見学、トライアルなどをお願いし、愛犬との相性を見極めましょう。

7. 新しい動物家族を迎える

1043 7

もう、寂しくないよ! image by Teresa Alexander-Arab / Flickr

成功すれば良い方法。でも、かなりハードルが高く、犬によっては逆効果にもなりうる究極とも言える方法です。兄弟姉妹がいると遊ぶことができて寂しくないのかも、と私たちは考えがちですが、寂しさの原因が「あなたがいないこと」にあるのなら、フカフカした兄弟姉妹では埋めることができないかもしれません。先住動物と新入りが馴染めないなどはよくある話。その場合はかえってストレスを与えることになってしまいます。寂しさを紛らわせることを目的として新しい動物を迎えようと考えるのなら、専門家のアドバイスを受け、時間をかけて検討してください。

Featured image credit Lucas Gervilla / Flickr

音楽は犬を穏やかにする〜心配性ワンコさんには犬向けヒーリング音楽をどうぞ♡ | the WOOF

「ひとりでのお留守番が苦手!」「飼い主さんが見えなくなると、ほんっと不安!」 ワンコさんの中には心配性のコもいます。犬は群れをなす生き物なので、仲間といると安心し一匹でいるのは不安というのは普通のことなのですが、中には心配性・不安症の程度がひどく、問題行動を起こしてしまう犬もいます。

the WOOF イヌメディア > すべての記事 > イヌと暮らす > Tips > 【犬と留守番】犬の孤独を紛らわせる7つの工夫

暮らしに役立つイヌ情報が満載の「theWOOFニュースレター」を今すぐ無料購読しよう!

もっと見る
ページトップへ