mein20160517
mein20160517
library

広がる介助犬活躍の場〜リーディングに取り組む子供たちに自信を持たせるセラピー犬(米国の事例)

お仕事ワンコ
この記事をシェアする

子供たちの音読を聞くお仕事をするワンコさんがいます。

ポルトガル・ウォーター・ドッグのガス(Gus)の仕事は、子供たちが読むお話を聞くこと。目指すのは、子供たちに自信をもってもらうことなんだそうです。

図書館でお話を聞く犬

Library2

© Victoria Rak / Shutterstock

ガスは黒と白のポルトガル・ウォーター・ドッグで、資格を持ったセラピー犬です。彼が参画しているのは、コロラド州にあるウェストミンスター公共図書館(Westminster Public Library)が提供する夏の読書プログラムの一つ、”READ Dogs”プログラムです。

街にある図書館で合計週4回、6歳から11歳の子供たちが音読をするのを聞くのが主なお仕事。もちろん、犬のハンドラーの参加はありますが、基本は子供とガスの1対1のセッションで、1回につき15分が割り当てられます。

実際のセッションがどんなものであるか、7歳の女性朗読者アシュリン・ウィリアムさん(Ashlynn Williams)の様子を覗いてみましょう。

彼女はガスに『ひどい散髪(Horrible Haircut)」を読んであげます。ハンドラーは、彼女の音読をとても喜んで聞いていることや、ガスに理解できるように詳しく説明してあげてほしいことなどを、アシュリンさんに説明します。たとえば、本の絵を見せてあげながら、そこで何が起こっているかを説明してあげると良いといったアドバイスをするのです。

ウィリアムが誤った発音をしたときには、ガスのために正確に読み直しをしてあげてほしいというアドバイスもします。

その間ガスは静かに、そしておそらく真剣に、彼女が語る物語に耳を傾けています。

厳しいトレーニングを経たサポート・ドッグ

Library3

きいてるよ © Africa Studio / Shutterstock

おとなしくお話を聞く、というのは、犬にとっては大変なお仕事なのでしょう。ハンドラーであるフィリップスさん(Sally Phillips)によると、ガスは非営利組織ペット・パートナーズ(Pet Partners)から認定を受けたセラピー・ドッグであり、子供たちの読書スキル向上を目指すプログラム(※)を主導する団体(Intermountain Therapy Animals)の厳しいトレーニングも経た優秀なワンコさんなのです。

※ The Reading education Assistance Dogs(R.E.A.D.)というプログラム。これは、犬たちの力を借りて、子供たちが自信を持って読書ができるように手助けをすることを目指しているものです。

ハンドラーのフィリップスさんによれば、ガスは子供たちの音読を聞くのを楽しみにしている(あるいは、そう感じられる)そうです。「セラピー用ベストを着ると、働く時間が来たことがわかるようなのです。わくわくしているのを感じます」

犬にお話を聞いてもらうこと

Library5

ふむふむ。それでどうなったの? © Jne Valokuvaus / Shutterstock

2011年、タフツ・カミング獣医学校(the Tufts Cummings School of Veterinary Medicine)は「犬に読み聞かせをした小学生は、人間に読み聞かせた人達よりも、より良い読書スキルを身につけた」という研究結果を発表しました。

犬という「批判しない聞き手」を得た朗読者は、自信を持って読み聞かせができるようです。犬は、読み間違えても、つっかかってしまっても、笑ったりしません。前出のアシュリンさんも、「犬になら私の音読を自慢できる。動物の周りにいる私って、すごくカッコよくて可愛いの。そして、彼らは安心して読んであげることができる。教室だともっと緊張する」と語っています。

実際、アシュリンさんの音読スキルは向上し、読書の幅も広がったといいます。その効果は、多くの子供達にもみられるそうです。


教室で、みんなの前で読むのは、私も得意じゃなかったなぁ。もし、じっくりと話を聞いてくれる犬がいてくれれば、音読どころか女優にだってなれたかも、などと思ってしまいます。

こんなところにも犬が活躍できる場があるのかと、とてもびっくりした事例でした。

 

h/t to Therapy dogs boost confidence, help Westminster kids improve reading, 翻訳:鹿子


[1] Benefits of Reading Assistance Dogs Press Release — Cummings School of Veterinary Medicine | Cummings School of Veterinary Medicine at Tufts University

Featured image by NataSnow via shutterstock

the WOOF > すべての記事 > イヌニュース > お仕事ワンコ > 広がる介助犬活躍の場〜リーディングに取り組む子供たちに自信を持たせるセラピー犬(米国の事例)

暮らしに役立つイヌ情報が満載の「theWOOFニュースレター」を今すぐ無料購読しよう!

もっと見る
ページトップへ