【犬とストレス】犬は仲間の死を悲しむのか?

サイエンス・リサーチ
この記事をシェアする

同じ家に住むペット動物と離別すると、同居犬が悲しんでいるような様子を見せるというのは、よく聞かれる話です。

家族として暮らす動物が「いなくなってしまうこと」で、犬が悲嘆にくれることはあるのでしょうか。

喪失感は犬の行動を変化させる

1124 1

あいつ、どこ行ったんだ? image by Ian D. Keating / Flickr

犬たちは話すことができないので、仲間の喪失をどう捉えているのかの実際のところはわかりません。ただ、仲間を失った犬が親しい人をなくした人間のように、元気を失ったり、食餌を取らなくなったり、寝てばかりいることは少なくないようです。また、同居動物がどこかへ連れて行かれて亡くなる場合(病気で安楽死のために病院に行くなど)には、同居犬は窓の外を眺めるなど、仲間の帰りを待っている様子を見せることもあります。

動物行動に関するコンサルタントのクレチアン氏(Monique D. Chretien, MSc, AHT, Animal Behavior Consultant)は、動物の中には愛するものを失うとうつ状態を示すものもあるとコメントしています[1]。「彼らは人間と同じように、それまで好きでやっていたことへの興味を失ったり、いつも睡眠時間が長くなるなどの状態に陥ることがあります」

アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals)は1996年に、動物の悲嘆に関する研究プロジェクト(Animal Mourning Project)を実施しました。研究によれば、仲間の犬の死後に食餌量が減った犬は全体の36%、完全に食べなくなった犬は11%だったそうで、約63%は吠えたり鳴いたりに異常が見られたとのこと。また睡眠量や睡眠場所が変わった、飼い主に一層の愛着を示すようになったなど様々な変化が見られたといい、66%は行動の変化が4つ以上見られたと回答したそうです。

犬は小さな子供と同じ悲しみ反応を見せる

1124 4

あいつ、どこ行ったんだ? image by Christopher Woo / Flickr

2016年に発表された論文[2]では、仲間を失った動物の行動がもう少し詳しく紐解かれています。ニュージーランドで行われた研究では、過去5年間のうちに複数のペット動物を同時に所有し1匹を失った飼い主への質問紙調査が行われました。

回答したのはニュージーランドとオーストラリアに住む飼い主(ペット動物の内訳:犬159匹、猫152匹)です。仲間を失った犬猫がどのように反応したかを回答しました。

最もよく見られたのは、仲間のペットがいた場所を確認し続けるという行動でした。仲間が犬であるか猫であるかには関係なく、犬では60%が、猫では63%がこの’確認のための行動’を行なったそうです。飼い主への接触や愛情を求める行動も観察されました(犬は61%、猫は62%)。クンクン鳴く(あるいは鳴かなくなる)という変化は犬では27%だった一方、猫は43%に上っていました。ざっくりと1/3の犬猫は食餌の量とスピードに変化が見られたそうです。コレン博士はブログの中で、「これらの行動変化は、家族を失って悲嘆やストレスを経験する小さな子供が見せるものと同じであり、非常に興味深い」と述べています。

コレン博士はさらに、犬猫の反応は「死」や「喪失」の概念を理解していない4歳未満の幼児と似通っているということに触れています。取り返しのつかない決定的な別れからのストレスではなく、単に愛する存在や友情が「なくなった」ことを感じ、悲しみに関連する行動が引き起こされていると述べています。

悲嘆にくれる犬の回復はゆっくりと

1124 3

すこし、元気になったよ image by Sloan Poe / Flickr

ASPCAの調査によれば、残されたペット動物が回復するのにかかる時間は約2週間。完全に回復するには6ヶ月ほどかかるのだそうです。

悲しみにくれるフワフワ家族を元気づけられるのは、ご家族だけです。お空組に進級したコを見送った後は、できるだけ残された家族との時間を大切にしてあげてください。心配な行動が多すぎると感じたら、まずは獣医師さんに相談を。病気による行動変化である恐れを確認しなければなりません。薬物療法や行動療法などの解決策も持っています。

◼︎以下の資料を参考に執筆しました。
[1] Do Dogs Mourn? | PetPlace.com
[2] Walker, J. K., Waran, N. K., & Phillips, C. J. (2016). Owners’ Perceptions of Their Animal’s Behavioural Response to the Loss of an Animal Companion. Animals, 6(11), 68.
[3] Do Dogs Grieve Over the Loss of an Animal Companion? | Psychology Today

Featured image credit philhearing / Flickr

犬たちが発する5つのストレス・サイン〜食欲不振や元気がないコは不安を抱えているのかも | the WOOF

今日のうちのコ、いつもと違うな・・・。 そう感じることはありませんか?ただのお疲れかもしれないけど、もしかしたら、心配事や不安を感じて憂鬱になっているのかもしれませんよ。.

the WOOF イヌメディア > すべての記事 > イヌを知る > サイエンス・リサーチ > 【犬とストレス】犬は仲間の死を悲しむのか?

暮らしに役立つイヌ情報が満載の「theWOOFニュースレター」を今すぐ無料購読しよう!

もっと見る
ページトップへ