子犬

「先輩、カッコいいっす!」〜大きな犬に憧れる小さな犬

子供時代は、なんでも簡単そうにできちゃうオトナが、とっても格好良く見えたものです。子犬の世界でも、そう感じることがあるのかもしれま...

子犬に液体ヘロインを埋め込んだ元獣医学生、6年の実刑判決(米国)

生きている子犬のお腹に液体ヘロインの袋を埋め込んだ元獣医学生は今年2月、6年の懲役刑を言い渡されました。刑を宣告されたのは、コロン...

なぜ私の子犬は鳴いているの?その原因と対策

人間の赤ちゃんと同様に、あなたの家に来たばかりの子犬は、鳴くことで自分が必要としていることを訴えます。家に引き取られたばかりの子犬...

子犬の心と身体を育てる5つの室内”あそび”

パピー時代の犬育ては、その後の犬生を左右するとても大切なものです。心身共に健康な”イイコ”に育てるためには、遊びの時間は元気に活発...

子犬のお散歩〜どのくらいの頻度と運動量が必要か?

子犬を迎える夢を叶えたあなたは、すぐにお散歩に連れ出したくなることでしょう。犬は散歩が大好きだということや、子犬には運動や社会化が...

なぜ犬はオモチャを破壊するのか?

大好きなオモチャなのに、四肢を引きさき内臓まで取り出しちゃう我が愛犬。愛ゆえに傷つけてしまうのか、あるいは内なる野生がひょっこり顔...

「いつか大きくなれるかな?」〜大きな犬に憧れる小さな犬

ヒトもイヌもおチビ時代は、大きなオトナに憧れるものです。最初にご紹介するのは、アメリカ在住のイエローラブ、MandyとCliffo...

子犬の歯ぐずり〜歯の生え変わりの”破壊期”に飼い主ができること

子犬育てはチャレンジングなものですが、とりわけ「なんでも噛みたい時期」の子犬に対処するのは大変かつ難しいものです。子犬の歯から成犬...

子犬に関する9の興味深い真実

丸っこくてフカフカでピカピカのお鼻をもつ子犬たちは、ただ可愛いだけではありません。ちょっとユニークな特徴をもっています。 この記事...

子犬のお留守番〜何時間までならひとりで過ごせるの?

子犬を迎えるのは心踊ることですが、大きな責任を負うことでもあります。生後6ヶ月ほどまでの子犬には、多くのケアが必要です。とはいえ飼...

ジャック・ラッセル・テリアはロボットなんて恐れない

一般的に子犬といえば遊び好きなものですが、全身にエネルギーがみなぎるワンコであるジャック・ラッセル・テリアの子犬たちは、遊び好きで...

「閉じ込められるなんて、イヤ!」と猛抗議をする犬たち

自由を愛するワンコたちは、閉じ込められることなんて大嫌い。テントのような、全体的に軽めのハウスだと、ハウスごと移動しちゃいます。「...

ゴハンが食べたい子犬の情熱、半端ないって!

犬の最大のお楽しみといえば、ゴハン。たいていの犬は、常に食べ物がないか目を光らせて、隙あらばパクリとする機会を狙っているものです。...

階段には気をつけろ!子犬たちと階段の終わらない戦い

運動神経抜群で、ジャンプが得意なワンコでも、小さい子犬の時代には「段差怖い!」「階段苦手!」ってコは多いものです。そんな恐怖を克服...

好奇心は犬をハメる〜壁の穴に頭をたべられちゃった犬

「好奇心は猫を殺す(Curiosity killed the cat)」なんてことわざもありますが、犬の好奇心もなかなか厄介です。...

子犬は今日も修行する〜なぜか上手くいかないボールキャッチ

多くの犬は「キャッチ」が得意ですが、全ての犬が生まれながらに得意なわけではありません。仮にキャッチができなくても食いっぱぐれること...

子犬がもっとも魅力的になる時期はいつなのか?(研究)

いくつになっても犬は抗いがたい魅力をもつものですが、科学的な検証によれば、ヒトが子犬をもっとも魅力的だと感じるのは彼らが6〜8週齢...

生まれる数が多いと、子犬は小さく生まれるのか?

犬が一度のお産で誕生させる子犬の数は、平均で6〜10匹。犬が子犬を何匹産むかは、一般的には身体のサイズに依存します。小さなチワワな...

子犬はマッハの速さで成長する〜だから毎日を大切にね!

子犬の身体の成長は本当に早くって、毎日を大事に大切に過ごさないと、可愛い姿を見逃してしまうよってお話です。カリカリをフードボウルに...

もうパピーじゃない!子犬が成犬になったサイン

愛する我がコが成長は、嬉しいと同時に寂しいもの。早く大きくなって欲しいと思う一方、大人になって欲しくないというのがパパママの本音で...

ページトップへ