研究

悪い犬は早死にする〜「望ましくない行動」は犬を死に近づける(研究)

攻撃性、逃走、喧嘩、過剰な興奮または吠えなどの「望ましくない行動」がある犬は、より若い年齢で死ぬ可能性が高いことが、研究により明ら...

犬にはあなたが悲しい時がわかる。そして肉球を差し出してくれる(研究)

最近発表された研究によれば、犬はあなたが動揺したとき、あるいは悲しいと感じているときに、あなたのことを助けたいと思っているそうです...

ブルンブルン〜犬は4秒で水の70%を振り払う

濡れた犬はブルンブルンと身体を振って、水気を上手に振り払います。非常に犬らしいこの動きは、ただ可愛いだけでなく、すばらしく効率的な...

犬は仲直りが苦手〜進化の過程で和解スキルを失った(研究)

「1匹狼」という言葉の印象が強いオオカミですが、じつは彼らは社会的な群れをつくって暮らす生き物です。仲間と関係を築く能力に非常に長...

犬は常にあなたを愛しているのか?(研究)

犬は、私たちが思うほど、常に飼い主のことを愛してはいないのかもしれません。最近発表された研究によれば、犬があなたとの時間を好むかど...

短時間のドッグセラピーでも人のストレスは減らせる(研究)

北米の大学では、ストレスを感じる学生向けセラピー犬セッションの人気が高まっています。非常に楽しそうな犬のセラピーは、どうやら本当に...

孤独な犬は耳が冷たい!?〜犬のストレスをサーモグラフィで計測

ストレスを感じている犬の身体には、どのような変化が起きているのでしょうか。英国リンカーン大学の研究グループは、孤立ストレスと犬の耳...

犬は泣いている人を慰めるのか?

「泣いていたら犬が慰めてくれた」というのは、割とよく聞く犬ネタですが、本当のところどうなのでしょう。調べてみたら、「犬は飼い主だけ...

「犬は猫より賢い」と脳は語る

「犬と猫のどちらが賢いか」に関する熱い議論は今後も続くものと思われますが、少なくとも脳に関しては犬に軍配が上がったようです。フロン...

犬の所有は心血管疾患と死亡リスクを低下させる(研究)

スウェーデンで行われた大規模調査によると、犬を飼っている人は、飼っていない人に比べて心血管疾患による死亡リスクが低くなることがわか...

犬は時間がわかるのか

夕方になると「ねぇねぇ」と前脚でカリカリしてくる犬たち。毎日同じような時間になるとご飯の督促をする犬は、まるで時間がわかっているよ...

人間の注目が、犬をより表情豊かにする(研究)

犬は人間が見ているときに表情豊かになることが、ポーツマス大学の研究により示されました。犬たちは人の視線を意識し、時には意図的に表情...

犬は睡眠時に学習し、メス犬はオス犬よりもより良く学ぶ

傍で眠る可愛い犬。身体はしっかり休んでいても、脳はその働きを止めてはいないようなのです。ハンガリーの研究者らは、睡眠中に犬たちが学...

あなたの犬が攻撃的なのはホルモンのせいかもしれない

お散歩中に出会う犬にも様々な気質のコがいます。リードを引っ張りワンワン吠える犬、飼い主に穏やかに寄り添う犬もいますよね。この気質の...

飼い主を襲う「介護うつ」〜ペットの病気が大きなストレスに

ペットは老人、病気、障害者に強力な治療法を提供することができます。しかし一方で、精神的な苦しみをもたらすこともあるようです。専門誌...

犬の唾液が示すこと〜高ストレスはカラダの”調整不全”を起こす

犬のストレス評価においては、唾液中のコルチゾール分泌量を測定する方法が多く利用されます。コルチゾールは、副腎皮質から放出されるステ...

オスメスどちらが賢いの?〜犬に「男脳」「女脳」はあるのか?

「男と女、どちらが賢いか?」という疑問を犬の世界に投げ込むと、どういう答えが出て来るのでしょう?2011年に発表された研究[1]は...

”過保護のワンコ”は成功しない!?〜厳しい母犬が良い盲導犬を育てる(研究)

常に寄り添い、問題が起こると手を差し伸べるような親子関係は、子犬の成長の阻害要因にもなるようです。最新の研究によれば、過保護な母犬...

パーキンソン病を嗅ぎ分ける犬の登場も近い?〜症状が現れる数年前に探知できる可能性

がんや糖尿病を探知する犬は、病気に関連する匂い分子を嗅ぎ分けることで、病やその兆候を特定します。犬を訓練するためには、まずはどの匂...

なぜ犬はフレンドリーなのか?〜イヌの遺伝子には親しみやすさの理由が隠されている

犬種の差こそありますが、大概のイヌは人間に親しさをもって接してくれます。身体をすり寄せたり、顔を舐めたりのフレンドリーさを見ると、...

ページトップへ