シニア

犬と腫瘍〜腫瘍とがんは違うの?発生率が高いのは?

私たち人間同様、シニア世代へと突入したワンコは、いろいろな病気に罹るリスクが高くなります。その中でも、発生率がすこぶる高い腫瘍。今...

シニア犬と病気〜早期発見とツボマッサージによる健康増進

前回に引き続き、シニア犬の病気についてのお話です。今回は、早期発見と予防のお話。病気の早期発見のためにどんな点に気をつければ良いの...

シニア犬によくみられる病気

シニア世代に突入しても、見た目はまだまだ元気なワンコ。しかし残念ながら、ワンコの体の中では、ひしひしと老いは進んでいます。そして体...

老犬も”脳トレ”で認知機能維持ができるかも(研究)

犬も年齢を重ねると、ソファにいる時間が長くなりがちです。ゆったりと身体を休めることは良いことですが、刺激の少ないリラックスばかりの...

老齢犬は注意力が低下するが、訓練で予防できる可能性がある(研究)

年齢を重ねて穏やかになった愛犬。ゆったり寛ぐ様子は微笑ましいものですが、ときに「ぼんやりしすぎ!?」と不安になることはありませんか...

イヌ友を救った12歳の心優しきヒーロー犬の話

犬はみんなイイコだけれど、年を重ねるもっともっと、イイコ度は増していくようです。ニュージーランドに住む12歳の牧羊犬は、枝の下敷き...

飼い主をトイレから救出する賢すぎるシニア犬

世の中には「大きくなった犬なんて可愛くない」という人もいますが、シニアになった犬は信じられないくらい可愛い存在です。酸いも甘いも嚙...

18歳のチワワお手柄〜歯はないけどコヨーテに牙をむく

the WOOF専属ライター犬、ライチがお届けする世界の犬ニュース。今日は、自宅敷地内に侵入してきたコヨーテに単身で立ち向かったチ...

シニア犬の冬のケア〜寒い時期を暖かく快適に乗り切る方法

犬も高齢になると、寒さへの適応が上手にできなくなります。気温が下がると関節や骨の痛みがひどくなり、歩いたり寝たりが難しくなるもので...

シニア犬の栄養ニーズ〜食事管理で気をつけるべきこと

愛する犬も年齢を重ねると、みた目や内臓機能に加齢に伴う変化が現れてきます。こうした変化は進行性で前の状態には戻りませんが、生活習慣...

犬の認知症〜どんな症状があるの?治療やケアはどうしたらいい?

世界で大きな社会問題となっている人の認知症。2010年、全世界の認知症患者数はおよそ3,560万人(日本では約200万人)になり、...

シニア犬の行動変化〜歳を重ねた犬の8つの老化サイン

愛する我がコは可愛くて、いつまでも赤ちゃんのように感じられるもの。しかし、彼らだって年をとり、老化のサインが見えてきます。愛犬達も...

それで愛犬は幾つなの?〜犬の年齢の考え方と”ヒトイヌ年齢換算表”

犬の体年齢を理解するのに役立つのが、「人間の年齢に換算する」という方法です。このときよく使われるのが、”犬の年齢に7を乗じたものが...

犬の老化〜シニアワンコの眠りの特徴、睡眠障害とその対応

「そんな恰好で寝ていたら体が痛くならない?」と思うような体勢で、気持ちよさそうに眠るワンコたち。ごはんとおやつ、遊びとお散歩の次に...

犬の老化〜視力の変化に合わせた愛犬のお世話 リラックスのための経穴マッサージ

遠くをじっと見つめるワンコの姿・・・何かを見つけたのか、はたまた、音やにおいのする方向に何かを見つけようとしているのか??私たちよ...

犬の寿命〜日本に暮らす犬たちは何歳まで生きるのか?

イヌの寿命はヒトよりも遥かに短いもの。愛犬家としては認めたくないところですが、この事実を認め、できるだけ健康寿命を延ばせるよう努力...

【犬本紹介】老犬ホームでの引退後の暮らし『ハーネスをはずして』~盲導犬のシニア生活

皆さーん!夏、楽しんでいらっしゃいますか? こんにちは。毎日水浴び三昧の読書犬・パグのぐりです。こちら、天国では、好きなときにいつ...

犬の老化〜聴力が低下した愛犬のケア 注意事項と経穴マッサージ法

ワンコの聴力は私たち人間の約5~10倍といわれています。そんな優れた聴力も加齢により低下していきます。こんな変化がみられたら、聴力...

犬の老化〜シニア犬の年齢、ご長寿ワンコ、そして老齢犬に見られる特徴

これから数回にわたって、老齢犬に関するお話をさせていただきます。以前、2回に分けてお届けした『ワンコのエイジングケア』は、主に統合...

レジェンドの生還〜9ヶ月の放浪は老犬から聴力と体重の半分を奪い取った

アイダホ州ガーデン・バレーで犬の保護活動を行っているグランカー氏は6月下旬、近所をさまよい歩く高齢のレトリバーを保護しました。発見...

12
ページトップへ