保護犬

保護犬を迎えるにあたって、男性と女性は異なるタイプの犬を選ぶのか(研究)

チェコ共和国で行われた研究によれば、保護犬を迎え入れる際の傾向が、人間側の性別の違いによって異なるのだそうです。論文は、Acta ...

仲良しほのぼの犬と猫〜愛と友情で結ばれるペットたち

犬と猫は相性が悪い…ということもありますが、全く問題なく仲良くできるコもたくさんいます。先住動物がいる家庭に新たなペットを迎える場...

里親に向けた犬の”笑顔”は恐怖を示しているかもしれない

この記事は、ブログ記事"Shelter Pup “Smiles” From FEAR After She’s Adopted”を、...

犬にも浸透しつつある!? ときめきお片付け『こんまりメソッド』

2015年には米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれるなど、グローバルにご活躍の“こんまりさん”こと近藤麻理恵さ...

【イヌニュース】安楽死リストに載った聴覚障害の犬、警察犬としてデビューする

the WOOF専属ライター犬、ライチがお届けする世界の犬ニュース。今日はアメリカから、州で最初の”聴覚障害をもつK-9”となった...

闘犬場から救助された犬、初ピザに大興奮

ピザは犬にオススメできない食べ物ですが、これまでに苦しい思いをしてきたフィンになら、あげても良いのかもしれません。初ピザに大興奮の...

保護活動に奔走する一人の女性の人生~『それでも人を愛する犬』

皆さんこんにちは! 天国在住のパグ犬ぐりです。地上ではずいぶん気温の高い日も増えてきたみたいですね。同じ気温でも、やっぱり5月はさ...

「うちの犬の親友はレンガ」に、ほかの犬からの共感続々

ワンコはひとりでいるのが苦手なもの。飼い主さんや犬兄弟、おともだちと一緒にいるのが大好きです。ゆったりするときも、ひとりでいるのが...

9歳のおチワワ、初めてのマイベッドにご満悦

9歳のチワワ フレディは、これまで自分のものを持ったことがありませんでした。大きすぎる舌を持つ彼は、”子犬工場”とか”パピーミル”...

「迎えてくれてありがとう」幸せを噛みしめる保護犬たち

保護犬たちは心からの安らぎと、愛情溢れる優しい手をいつもいつも求めています。だから彼らは、新しい家族のお迎えがあると大喜び。ホッと...

シェルターから宮殿へ〜元保護犬が英国王室の一員に

今から3年前。ガイはケンタッキー州のシェルターの床に座り、殺処分の日を待っていました。彼は、森でさまよっていたところを保護された3...

”天気予報クラッシャー”となった犬たち

テレビ局のスタジオに犬がいることも、まぁ時々はあるようで、それらの犬がテレビに映りたくなっちゃうことも、さらに時々はあるようです。...

「おうちへ帰ろう」〜元保護犬は家族の手を握り続けた

4歳のリーガンは、前の飼い主が亡くなったため、シェルターに保護されたワンコ。彼女は、周囲で起きる変化に混乱し、施設にも馴染めずにい...

みんな違ってみんないい〜元保護犬ドッグショー、米で開催

すべての犬は素晴らしく、どの犬も賞賛されるべきですが、ケネルクラブが主催するドッグショーに参加し栄誉を受けられるのは純血種の犬のみ...

旅行客をおもてなし〜笑顔を運ぶホテル犬のバスター

世界で活躍するワンコにスポットを当てる【いぬ探訪】。今日は、サンフランシスコのホテルで働く、コンシェルジュ犬のバスターをご紹介しま...

犬はママのお腹に赤ちゃんがいるとわかったのか?

レイチェルと夫は、赤ちゃんを授かれないことに悩んでいました。長引く治療によるストレスを抱えていたカップルは、悩んだ末にシェルターで...

パズル大好き!元保護犬リプリーのトレーニングな日々

保護犬はかわいそうな犬だとか、雑種犬やミックスは純血種より劣っているなんていう人もいなくなった頃だと思うけど、もしそんなことを言う...

逃走ビーグル、逮捕の瞬間〜可愛い犬に隠されたクライミング力

バージニア州の公園で保護されたビーグル犬のバターミルク。救助されたときの彼女は弱々しく怯えていた彼女でしたが、シェルターの人々の暖...

病気の犬の成長を見守る〜「彼女がいつまで生きられるかわからないけど」

Dave Meinertさんがペガサスに出会ったのは、彼女が4週齢のときのこと。”バックヤード・ブリーダー”と呼ばれる無許可の繁殖...

幸せをつかんだ元保護犬〜新しい家族の子守唄でうっとりスヤスヤ

元保護犬のオークリー。保護施設を卒業し、新しい家族で暮らすことになりました。家族の中にはお姉さんになるケイティがいて、子守唄を歌っ...

12
ページトップへ